シューティングスペイラインS(シングルハンド用)

商品コードD15

製造元

原産地

商品別特殊表示

定価(税別)

販売価格(税込)

ポイント0

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
ウエイト

選択
#1(4g) フローティング[D15 000]残りあと156個
#2(5g) フローティング[D15 001]残りあと33個
#3(8g) フローティング[D15 002]残りあと40個
#4(9g) フローティング[D15 003]残りあと24個
#4 13.8m [D15 008]残りあと56個
#5(12g) フローティング[D15 004]残りあと79個
#6(14g) フローティング[D15 005]残りあと32個
#8(23g) フローティング[D15 006]残りあと44個
#8(23g) フローティング LC1480[D15 007]残りあと62個

数量 在庫確認

お気に入りに追加

この商品について問い合わせる

シューティングスペイラインS #1の映像:
シューティングスペイラインS #3の映像:

シューティングスペイラインS #4の映像:
シューティングスペイラインS #6の映像:

シューティングスペイ・ライン S シリーズ
このラインは、ミッジングやマッチング・ザ・ハッチ 渓流の釣り上がりをメインに考えたれたシューティングスペイ・ラインです。
ソフトなプレゼンテーション、正確にフライが打ち込める、ターン性能を向上させバックスペースのない場所ではスペイキャスト各種が行えオーバーヘッドキャストでも、驚くほど飛距離が稼げるスペシャルラインです。


【ウェイト&レングス】
#1ー9.9m 4g
(使用ロッド)Quick#1 7ft、Quick #1 8ft 6in、Sonar #1
#2ー9.9m 5g
(使用ロッド)LS #2、Sniper #2、Trek#2
#3ー9.9m 8g
(使用ロッド)LS #3、Sniper #3、Quick #3、Trek #3、
#4ー9.9m 9g(オールラウンド用)
(使用ロッド)SP #4、Sniper #4、Perfection #4
#4ー13.8m 9g(ロングキャストや、繊細なプレゼンテーションが可能)
(使用ロッド)SP #4、Sniper #4、Perfection #4
#5ー10.5m 12g
(使用ロッド)Switch #5-6、R2、Classic #5-6
#6ー10.6m 14g
(使用ロッド)Sniper #6、Perfection #6、Switch#5-6、SD#5
#8ー11m 23g
(使用ロッド)Sniper #8、SP#8、Switch #8、
LC1480#8ー14,8m 23g(ロングキャスト用)
(使用ロッド)Sniper #8、SP #8、Switch #8、SD #6、SD#7、Chrome #6、
※重さは1g前後誤差 許容範囲

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
#3ライン
2011年3月に新しくリニューアルされ、浮力、耐久性が向上した樹脂が使用されています。

Switch #5-6をご使用になる方
繊細なドライフライの場合は#5ラインを使用し、ロングキャスト、大型のフライ、シューティングスペイをメインに使用されるときは#6ラインと使い分け使用してください。

#8ライン
Sniper#8、スイッチ#8などシングルハンドの#8ロッドにお勧めのラインです。
スイッチ#8でシューティングスペイをメインに行うには最良のラインで、相性は抜群!このラインがあれば、スイッチ#8で、各種のスペイキャスト、オーバーヘッドでのロングキャストなど、今までにない飛距離が望めます。スイッチ#8をお持ちの方は、必須のラインです!


LC1480ライン
New#8ー14.8m(ロングキャスト用)ラインは、さらにロングキャストが行いたい場合、ソフトなプレゼンテーションが欲しいときなど、ドライフライでの釣りや、Sniper#8、Distance#8でキャスティング練習(オーバーヘッド&シューティングスペイ)を行いたいときに最良のラインです。


【シューティングラインとの接続について】
シューティングスペイラインSはEXシューティングラインのフローティングを接続し使用してください。
EXシューティングライン フローティングとの接続方法はこちらをご覧ください。

#4〜8はEXフローティング・フロントテーパー020との接続することでフォルスキャスト時により長くラインを出すことができ、よりロングキャストが可能となります。


【フライラインとリーダーの接続について】
フライラインとの接続についてはページを必ずご覧ください!

【シューティングスペイライン、キャストについて】
詳しくは、kencube のHP またシューティング・スペイのページをご覧ください!